寺子屋”勃起塾”

精力剤の効果とは

精力剤の種類とは

精力剤とは、「肉体的な疲れ」や「精神的な疲れ」を軽減する「医薬品」や「食品」を総じて、精力剤と呼ばれます。

女性だけでなく、男性でも更年期障害が起こることが分かっており、やる気がなくなる、行動力がなくなる、慢性的にだるいなどの精力減退の要因となっています。

数ある精力剤ですが、その中でも大きく分けると「医薬品」と「サプリメントなどの食品」の2つに分類されます。

サプリとしての効果

精力剤としてさまざまな物が販売されています。

最近人気なのがサプリです。サプリであるため医薬品ではないため気軽の購入することができます。

通販で専門に販売する会社も多く、薬局などでは少し抵抗を感じる方でも購入しやすいのも特長です。

主な成分は自然派由来の成分をしようしています。

代表的なものが「マカ」と「クラチャイダム」です。

マカは南米原産の植物で古来から滋養強壮の生薬として現地で使用されていました。

クラチャイダムも同じく古来より使用されており、東南アジア原産のショウガ科の植物です。

ビタミンやミネラルなどが豊富に含有されているだけでなく、アルギニンというアミノ酸の一種が多く含有されています。

このアルギニンの効果は成長ホルモンの分泌促進や一酸化窒素の生成をサポートします。

つまり、勃起に必要なサイクリックGMPの活動にも大きく影響を与えるのがアルギニンとなります。

精力剤としてのサプリはマカやクラチャイダムなどの植物に含まれる栄養素であるアルギニンを中心に配合されたものが人気となっています。

医薬品として効果

むかしから医薬品としてはさまざまなものが存在しています。

ED治療薬が日本で広まり始めたのが2000年くらいですのでそれまでの治療薬というのはこの医薬品精力剤だったのです。

直接ペニスに塗布するものや服用するものなどあります。

主成分とするものが男性ホルモンの一種であるテストステロンやこのテストステロンをメチル化した合成ホルモンであるメチルテストステロンなどとなっており、他、亜鉛やサプリでの主成分であるマカなどを配合しています。

男性ホルモンの量を回復することで、滋養強壮、疲労回復、そして血流の改善効果がみられます。

男性ホルモンの量が減少している方が利用することで男性更年期障害などにも効果があります。

医薬品での精力剤は第一類に分類されているものが多いので使用方法や用量をしっかり守って服用しましょう。

↑ PAGE TOP