寺子屋”勃起塾”

酵素のはたらき

酵素の役割

人間にとって酵素は非常に重要なものです。

人はエネルギーがなければ生命を維持することはできません。

心臓が活動するのにも、脳が働くためにもエネルギーは必須です。

そのようなエネルギーは、食事から糖質や脂質といったエネルギー源になるものを摂取することで作られます。

ただそのときも、酵素がなければ糖質や脂質といった栄養素からエネルギーが作られることはありません。

酵素は大きく「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」の3つに分類されます。

消化酵素とは、食べ物からエネルギーを作り出すときに必要な酵素であり、代謝酵素は、作り出したエネルギーを脳などの各組織で利用するために使われるものです。

この2つは、主に体内に備わっているものであり、もともと存在している量が決まっています。

そのため、体内の酵素が不足してしまうと、消化不良を起こしたり、疲労感、代謝不良などからだに支障が出てしまいます。

一方で、食物酵素は新鮮な野菜や果物、発酵食品といったような食べ物自体に含まれている酵素です。

この食物酵素が多い食品は、食べ物自体に含まれる酵素で消化が促されます。

そのため、体内の消化酵素を多く使うことなくスムーズに消化吸収が行われます。

このように食物酵素が多い食品を食べることは、体内の酵素を節約することになります。

これが、酵素が体の健康にとって良いといわれる理由です。

酵素の働きでEDになる!?

上記に記したように、酵素は人の体を安定な状態に保とうとします。

そのため人には欠かせないものになります。

体内で異常を感知すると酵素はその異常をキャッチして元の体に戻そうとします。

しかし、この酵素の中には勃起を異常とキャッチして正常に戻そうとする「ホスホジエステラーゼ(PDE)」という酵素があります。

PDEは全部で11以上のタイプがあり、勃起を異常と感知するPDEは5番目のタイプですのでPDE5と呼ばれます。

このPDE5酵素の働きが活発になりすぎるとな脳から刺激が伝達されても勃起しない、いわゆるEDに陥ってしまいます。

サイクリックGMPとPDE5酵素

PDE酵素がEDに大きく関わっていることがわかりました。

勃起をするときに男性ホルモンであるテストステロンが一酸化窒素を供給しサイクリックGMPという物質が増加することで血管が拡張しペニスに大量の血液を送り込ませ勃起させます。

このときPDE5酵素は体の異常として感知することでサイクリックGMPを分解しようとします。

健康な体であればサイクリックGMPの活動が勝ることで勃起を維持し持続します。

射精後などに性的興奮が収まると、サイクリックGMPの量が減るためPDE5酵素の活動量が上回りペニスは通常に戻ります。

いわゆる「賢者タイム」です。

しかし、負健康体や加齢により性的興奮があってもサイクリックGMPの量が少ないとPDE5酵素の働きが上回り勃起に至らずEDとなってしまいます。

↑ PAGE TOP